タクシー運転手関連の情報を収集してます


by w3gcqsp3gw

<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 民主党の山岡賢次国対委員長は29日午後、鳩山由紀夫首相の施政方針演説について、「国民の立場に立った演説だった。国民にとって身近でわかりやすく、現実的であると同時に心や人間性に訴え、非常に良かった」と述べた。国会内で記者団に語った。

【関連記事】
民主と日医が政策勉強会 参院選に向け連携か
「集中審議を要求」 小沢氏問題で野党
民主・山岡国対委員長「29日に施政方針演説」
民主党・山岡国対委員長、補正予算の衆院採決は「25日」の方針示す
「日米中」は正三角形にあらず

<食中毒>弁当食べた137人に症状 愛知・稲沢の業者製造(毎日新聞)
救急救命士がぜんそく患者への吸入など実施へ―厚労省検討会(医療介護CBニュース)
鳥取不審死 運転手殺害容疑でも立件へ 「不明当日、もみ合い」(産経新聞)
政治資金監査、新制度で“商機” 税理士ら殺到でも「リスク」は…(産経新聞)
募集人員は10万12人=国公立大入試で訂正−文科省(時事通信)
[PR]
by w3gcqsp3gw | 2010-02-05 23:08
 鳩山由紀夫首相は3日午前、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件で、検察当局が小沢氏を容疑不十分で不起訴処分とする方向で検討を始めたとの一部報道に関し、「まだ憶測の域を出ていないし、仮定の話だ。今、大事なことは、検察の捜査が行われている最中だから、冷静に推移を見守る(ことだ)。私としては、その立場しかない」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜4億円「知人から預かった」〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

石井桃子回顧展 生涯を資料で紹介 世田谷文学館で2月6日から(産経新聞)
財務省改革チームが発足=菅財務相が指示、4月に具体案(時事通信)
前原氏「自浄能力必要」=千葉氏「刑事責任なら重い」−小沢氏進退(時事通信)
元技監らに8億6700万円請求=水門工事官製談合の損害賠償で−国交省(時事通信)
長浜厚労副大臣らも出席、チーム医療協議会が初のシンポ(医療介護CBニュース)
[PR]
by w3gcqsp3gw | 2010-02-05 00:32
 病院が適切な治療を怠ったため長男(当時3歳)が手術後に低酸素脳症になり5年後に死亡したとして、三重県松阪市の父親(36)らが、三重大医学部付属病院を当時運営していた国を相手取り、長男が生きていれば稼いだであろう収入や慰謝料計約1億2600万円を支払うよう求めた訴訟の判決が28日、津地裁であった。堀内照美裁判長は、約6000万円を支払うよう国に命じた。

 堀内裁判長は「医師の注意義務違反による酸素供給の低下が低酸素脳症を招いた」と指摘。その後遺症による肺炎を併発し5年後に死亡したことについての因果関係も認めた。

 長男は1997年3月、同病院で、大動脈が食道や気管を取り囲んで圧迫する疾患「血管輪」と診断され、99年9月に手術を受けた。術後、脳に障害が残る低酸素脳症に陥り、四肢が動かない寝たきりの状態になった。2004年5月には肺炎を併発し、死亡した。

 父親らは、手術で人工呼吸器を気管に入れるのに手間取ったため低酸素血症になり、さらに採血したことで脳への酸素運搬能力を低下させたと病院側の過失を主張していた。

 国側は「医師の医療行為に過失はなかった」と反論していた。【福泉亮、大野友嘉子】

【関連ニュース】
中日応援禁止:球場締め出しは無効 名古屋地裁判決
いじめ訴訟:病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し
在韓被爆者訴訟:長崎地裁で和解 1次原告127人
広島・いじめ訴訟:いじめで病気、賠償を増額へ−−最高裁差し戻し

<偽1万円札>東北4県で相次ぎ見つかる(毎日新聞)
政府が自民にガス田写真提供を拒否 政府内で責任なすり合い(産経新聞)
【施政方針演説】全文(5)課題解決に向けた責任ある政治「戦後行政の大掃除」(産経新聞)
10トン重機が校庭に転倒!校舎まで3m(読売新聞)
<小沢幹事長>再聴取受ける 立件なら辞任示唆(毎日新聞)
[PR]
by w3gcqsp3gw | 2010-02-04 01:48
 大相撲の横綱朝青龍(29)が初場所中に酒に酔って知人に暴行したとされる問題で、知人の飲食店関係者の男性(38)が警視庁麻布署に「殴られてけがをした」などと被害相談をしていることが28日、捜査関係者への取材で分かった。被害届は出されていないが、男性は鼻骨を骨折しているという。朝青龍は日本相撲協会に対して、「被害者は個人マネージャー」と説明していた。

 捜査関係者によると、朝青龍は16日午前4時ごろ、東京都港区西麻布の路上で、飲食店から出てきて車に乗り込もうとした際、見送りにきた男性を車の中に連れ込み、顔を殴る暴行を加えたとされる。男性が近くにいた署員に被害を訴えた上、25日に同署を訪れて被害相談をした。 

 2人は知り合いで、男性が「今日はありがとうございました。今後も頑張ってください」などと言ったところ、朝青龍が怒りだしたという。朝青龍は当時、酒に酔っていた。

 同署はこの会話以前に2人の間でトラブルがあった可能性もあるとみている。

 朝青龍は25日、日本相撲協会の武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)から厳重注意を受けている。

【関連記事】
朝青龍、本当は一般人の鼻へし折っていた 車中で恫喝も
横審、暴行騒ぎの朝青龍に「今後は引退勧告」の声も
朝青龍、Vでも“地獄” 暴行報道で叱られる
理事長、朝青龍関を注意へ 初場所中に泥酔して暴行
私は横綱とは認めない!内館vs朝青龍、遺恨“残った”

<松浦市長選>友広郁洋氏が再選(毎日新聞)
「責任の重さ感じる」=当選から一夜明け稲嶺氏−名護市長選(時事通信)
鳥取不審死で36歳女を再逮捕=強盗殺人容疑−鳥取県警(時事通信)
菅氏発案「平日にデートができる財務省に」(読売新聞)
筒井寛秀師、死去 東大寺の元別当(産経新聞)
[PR]
by w3gcqsp3gw | 2010-02-03 01:57
 環境省は28日、今国会に提出する環境影響評価法改正案の概要を固めた。大規模な道路やダムなどの建設による環境への影響を抑えるため、事業者に義務付けている環境アセス手続きを強化。現行法が定める工事着手前の建設計画策定段階にとどまらず、建設する位置などについて複数案が検討されている早期の計画段階にもアセスを実施するよう求める。
 対象事業は、これまでの環境アセスと同様に、4車線以上の一般国道など一定規模を上回るものとする。国の公共事業だけでなく、国の許認可に基づいて民間企業が行う場合も対象に含める。事業者は、ある敷地の中でどの位置に道路やダムを建設するかなどの複数案を設定し、環境への影響を案ごとに評価。評価結果を踏まえながら計画づくりを進める仕組みとする。 

【関連ニュース】
県内移設、「沖合移動」条件に容認=沖縄知事が意見、「普天間」環境アセス
リニア着工、2015年より早く=高速道無料化「交通バランス崩す」-JR東海社長

<震災障害者支援>法改正含め対応へ 「阪神」で後遺症(毎日新聞)
<スマトラ沖地震>引き金は潮汐力 防災科技研(毎日新聞)
<伊方原発>「耐震安全性評価は妥当」…国の原子力安全委(毎日新聞)
<津市長選>24日告示 新人・岡野氏と現職・松田氏立候補(毎日新聞)
昨年の小売業販売額、2年ぶり減=経産省(時事通信)
[PR]
by w3gcqsp3gw | 2010-02-02 01:58